忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/09 02:11 】 |
はじまり.1
//生まれは戒律の厳しい閉鎖的な妖狐の里。掟を破り外部と通じた裏切り者の娘。



そこは小さな、妖狐の里。
文明から隠れ住む事で、血統を能力を伝えてきた里。
世界結界の源である“常識”と離れる事で、狂気から身を護ってきた里。

全ての歴史の流れから、隠れる様に在った。
それ故の、小さく大きな歪み。


始まりは突然に、一人の旅人が里の近くで行き倒れた事から…。

それは陳腐な、良くある話。
偶然通りかかった一人の娘が恋に落ち、助け匿った。
旅人もまた人ではないと知りながら娘を愛した。

娘と呼ぶ事は正しくないかもしれない。
彼女には既に、村の決めた夫との間に可愛い娘が一人居たのだから。


歪みは徐々に進行し、想いは募り溢れ弾けて戸惑う。


蜜月は唐突に終わりを告げる。
娘の父の死、夫の里長就任。
思うように動けない日々の続く中、娘は子供を身篭もり。
旅人は姿を消した。


別れの悲しみの中、新たな命に里は喜び。

そして、秋の気配が近付く頃…
一人の少女は、生を受けた。


母親と姉と同じ漆黒の髪と
旅人に似た透き通る肌と血の色の瞳。
父である里長とはかけ離れた姿。

娘の本当の父親は、明白だった。


生まれた少女を一目見て、娘は駆け出した。
里も夫も幼い娘も産まれたばかりの娘すら捨てて、
ただ一人愛した人の元へと走った。
PR
【2010/01/16 00:00 】 | 物語 | コメント(0)
<<はじまり.2 | ホーム |
コメント
ご意見の投稿














<<前ページ | ホーム |