忍者ブログ
  • 2020.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 2020.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/02/27 23:55 】 |
はじまり.2
//生まれて間もなく座敷牢に幽閉され、その後強制的に封印の眠りに付かされた。


後に残されたのは幼い少女が二人と
全てを悟った里長が一人。


死を穢れとして忌み嫌う里の中、
里長の妻は出産で死んだとされ、
生まれた少女は『存在しないもの』として扱われた。

辛うじて死なない程度の扱いしか受けられず
名前すらなかったという。

少女に名前を付けたのは、異父の姉に当たるもう一人の少女。
里の巫女として期待され、里を護り導くべく育てられた少女。
そして、その幼馴染みの少年だった。

座敷牢に幽閉されながら、それでも少女は幸せだった。
大好きな二人が遊びに来てくれて、色々な事を教えてくれて。
言葉も世界もなにもかも、二人が教えてくれた。


8歳になったある日、能力が目覚めた。
里の民である妖狐の能力と…
誰も知らない、雪と氷を操る能力。

冬と滅びを導く氷雪。


里長は、少女の封印を決めた。
PR
【2010/01/17 00:00 】 | 物語 | コメント(0)
<<はじまり.3 | ホーム | はじまり.1>>
コメント
ご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>